読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MySQLのselect結果をコマンドライン上でカンマ区切りとかに

mysql

mysqlのselectの結果をcsvで出したい場合。
よく、

MySQL CSVファイル出力 - 雑想空間

SELECT * FROM table_name INTO OUTFILE "/tmp/sample.csv" FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"';

こんな事やってたんですが、結果が数行とかの時は、remote上からscpなんかでfile移動するのが面倒でした。

コマンドライン上でカンマ区切りとかに

mysql -uuser database -p -e 'SELECT id,a_id FROM test limit 10' -B | sed -e 's/\t/,/g'
id,a_id
1,2
3,4
2,16
7,17
5,24
4,25
6,26
8,28
20,29

こんな感じで、コマンドライン上でカンマ区切りで出力。

コマンドライン上からSELECT文投げてます

-B でbatch modeで出すので、tab区切りになります。

sedで、tab -> comma に置換してます。

特定の列の値のカンマ区切りが欲しい時とかは、

mysql -uuser database -p -e 'SELECT id FROM test limit 10' -B | tr '\n' ','
id,25,31,62,63,94,261,291,308,310,339

とか

jsonをphpでparseする際にコロンが含まれてた時の対応メモ

JSON php

明らかに次もはまりそうなので、メモ

やりたいこと

rssをjson形式で返してくれるサイトがあったので、それをphpでparseしようと思った。

code

    $rss_file = file_get_contents($rss_url);
    $rss_data_obj = json_decode($rss_file);

json_decodeした場合、stdClassで返却される。

object(stdClass)#22 (1) {
  ["feed"]=>
  object(stdClass)#23 (8) {
    ["author"]=>
 ...


stdClassなので、以下のように値を取ればいいのだが、

$rss_data_obj->feed->author;


困ったのはこういうパターン

    ["entry"]=>
    object(stdClass)#27 (12) {
      ["im:name"]=>
      object(stdClass)#28 (1) {
...

['im:name'] という名前だと、->im:name というようにオブジェクトとして呼び出せない。

しょうがないのでarrayにキャストする

参考: Object→Arrayにキャストする ~多次元配列編~ | Suinasia

     private function obj2arr($obj) {
         if ( !is_object($obj) ) return $obj;
         $arr = (array) $obj;
         foreach ( $arr as &$a ) {
             $a = $this->obj2arr($a);
         }
         return $arr;
     }


ここでだいたいarrayにキャストできるんだが、元々配列が含まれると、配列以下を見てくれない事に気づいた。

    ["icon"]=>
    array(1) {
      ["label"]=>
      string(35) "http://itunes.apple.com/favicon.ico"
    }
    ["link"]=>
    array(2) {
      [0]=>
      object(stdClass)#59 (1) {
        ["attributes"]=>
...

"icon" はうまくarrayにキャストできているけど、"link"は元々arrayなので、[0]個目の要素以下がキャストされてない。


しょうがないので以下のようにした。

private function obj2arr($obj) {
    if ( !is_object($obj) && $this->is_hash($obj) ) return $obj;
    $arr = (array) $obj;
    foreach ( $arr as &$a ) { 
        $a = $this->obj2arr($a);
    }   
    return $arr;
}
private function is_hash($array) {
    if (!is_array($array)) {
        return true;
    }   
    list($k) = each($array);
    return $k !== 0;
}

closure-stylesheetsでcss compress

cssのcompressしようかな、と。
googleclosure-stylesheets - Closure Stylesheets - Google Project Hosting 使います。

download

Downloads - closure-stylesheets - Closure Stylesheets - Google Project Hosting
ここから最新版落としてきます。
http://closure-stylesheets.googlecode.com/files/closure-stylesheets-20111230.jar

wget http://closure-stylesheets.googlecode.com/files/closure-stylesheets-20111230.jar
mv closure-stylesheets-20111230.jar closure-stylesheets.jar

やってみる

javaが入ってれば、一応そのままで使えます。

java -jar closure-stylesheets.jar --help


cssを引数で渡します

java -jar closure-stylesheets.jar style.css


そのままだと、標準出力に出力するんで、output file nameを指定

java -jar closure-stylesheets.jar style.css --output-file compressed_style.css

エラーとか

何個かエラーで弾かれたので、メモとして。


cssの文法間違いがあると、parse errでこけます。

Compiler parsing error: Parse error in style.css at line 553 column 1:
}
^


charset書いてると、removeせえ、って言われますね

@charset removed in style.css at line 1 column 1:
@charset "UTF-8";
^


ios専用のpropertyなんかもエラーでます。

tap-highlight-color is an unrecognized property in style.css at line 41 column 1:
tap-highlight-color:rgba(65,152,195,0.6);
^

これは回避方法分からなかった。あとで調べる
※追記
分かった。

    • allowed-unrecognized-properties と --allowed-unrecognized-property が用意されているっぽい。
    • allowed-unrecognized-property propery名 ってoption付ければ、エラーなく出力されます。

複数渡したい時は、--allowed-unrecognized-properties を使うのかな?

java -jar closure-stylesheets.jar style.css --allowed-unrecognized-property tap-highlight-color --output-file compressed_style.css


重複。クロスブラウザ対応などで同じ属性を重複して書かないと行けない場合、エラーでちゃいます。

Detected multiple identical, non-alternate declarations in the same ruleset. If this is intentional please use the /* @alternate */ annotation. background-image:[-moz-linear-gradient(top,#94d6ec,#7bc7e0)] in style.css at line 68 column 1:
}
^

メッセージにあるように、こういうエラーを抑制する、@alternate という記述があるので、それを利用しましょう。

debianでzncいれてみる

なんか現在のところ、pkgにそれっぽいもの見つけられなかったし、なんかあっても古いversionしかないって情報をどっかで見たので、本家から落としてきていれることに。

あらかじめ必要っぽいものを入れておく
sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install libssl-dev
sudo apt-get install libperl-dev
sudo apt-get install pkg-config
sudo apt-get install libc-ares-dev
最新版おとしてくる
wget http://znc.in/releases/znc-0.206.tar.gz
tar zxvf znc-0.206.tar.gz
./configure –enable-extra –-enable-perl –-disable-ipv6
なんかエラーでた
...
...
checking for swig... no
checking for swig2.0... no
configure: WARNING: SWIG is not installed. You should look at http://www.swig.org
configure: error: swig was not found. Try --disable-perl --disable-python, or download the necessary sources and use --disable-swig.
Please check http://en.znc.in/wiki/Modperl or http://en.znc.in/wiki/Modpython for details.
    • enable-perl にしてんのに、mod_perlはいってねーじゃん、って言われる。

メッセージにあるとおり、
Modperl - ZNC
ここを開くと、

First, you need to use ./configure with option --enable-perl.
To build modperl, you need some files produced by SWIG. They are not shipped with ZNC because of huge size (several megabytes). There're 2 ways to get them:
Install swig. Needed files will be generated automatically when you run make in znc source dir to compile znc.
Download and unpack these files to /modules/modperl/ (ZNC.pm and modperl.i should be in the same dir), and add option --disable-swig to ./configure

なんてことを言われるので、言われた通りにする。

http://people.znc.in/~darthgandalf/znc/modperl/modperl-znc-0.204.tar.bz2
tar jxf modperl-znc-0.204.tar.bz2


解答してできたものを、zncの解答したdir/modules/modperl/ に移動すればok

configureやりなおし
./configure --enable-extra --disable-ipv6 --disable-swig --enable-perl
make
make install

続いて、confファイルを作る

znc --makeconf と実行すると、対話的にconfファイルを作れて便利


nickとか、IRC serverとか入力するとして、module系はあとでいれればいいので、今は適当に、default多めにエンター

[ ?? ] What port would you like ZNC to listen on? (1025 to 65535): 6668   //ポート
[ ?? ] Username (AlphaNumeric): ryoff
[ ?? ] IRC server (host only): irc.hogehoge
[ ?? ] Launch ZNC now? (yes/no) [yes]: no

最後に、このまま起動するか? って聞かれるので、とりあえず、noにしておく
confができているので確認する

vim ~/.znc/configs/znc.conf
  1 // WARNING
  2 //
  3 // Do NOT edit this file while ZNC is running!
  4 // Use webadmin or *admin instead.
  5 //
  6 // Buf if you feel risky, you might want to read help on /znc saveconfig and /znc rehash.
  7 // Also check http://en.znc.in/wiki/Configuration
  8 
  9 Listener4  = 6668
 10 
 11 <User ryoff>
 12     Pass       = ***
 13     Nick       = ryoff
 14     AltNick    = ryoff
 15     Ident      = ryoff
 16     RealName   = Got ZNC?
 17     Buffer     = 100
 18     KeepBuffer = false
 19     ChanModes  = +n
 20 
 21     Server     = irc.hogehoge
 22 
 23     <Chan #hogefuga>
 24     </Chan>
 25 </User>
デバッグさせてみる

そのままzncコマンド叩くと、backgroudで起動するので、frontで起動させつつ、debugモードにしてみる

znc -f -D

自分用メモ さくらのレンサバでgit

メモ

codeの場所が変わってた。

http://kernel.org/pub/software/scm/git/ 以下に最新版がないので、
http://git-core.googlecode.com/files/ こっちから持ってくる

作業

mkdir ~/local
mkdir ~/tmp
cd ~/tmp
wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.7.6.3.tar.gz
tar xvf git-1.7.6.3.tar.gz
cd git-1.7.6.3
./configure --prefix=$HOME/local
gmake  # gmakeでないと駄目
gmake install

$HOME/local/bin にPATHとおす

自分用メモ さくらレンサバでgitを使う

codeの場所が変わってた。

http://kernel.org/pub/software/scm/git/ 以下に最新版がないので、

http://git-core.googlecode.com/files/ こっちから持ってくる

作業

mkdir ~/local

mkdir ~/tmp

cd ~/tmp

wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.7.6.3.tar.gz

tar xvf git-1.7.6.3.tar.gz

cd git-1.7.6.3

./configure --prefix=$HOME/local

gmake  # gmakeでないと駄目

gmake install


$HOME/local/bin にPATHとおす

bashで日付の妥当性をチェックする

bash shell script

ずいぶん久々の更新です。

はてなブログってなんですか?


うそです。YAPCで発表聞いたので知ってます。
はてなBって書いたら、ブックマークなのかブログなのかわからんす。。。

日付妥当性

雑談はおいておいて、本題です。


yyyymmdd.log みたいなファイルを吐き出してて、そのファイル名をほげほげしようと思ったので、間違ったファイル処理してないかチェックしたいな、と思った。

  1 #!/bin/bash
  2 
  3 DATES="20110228 20110229"
  4 for DATE in $DATES; do
  5     if [ "`date +'%Y%m%d' -d $DATE 2> /dev/null`" == $DATE ]; then
  6         echo "$DATE is ok"
  7     else
  8         echo "$DATE is ng"
  9     fi
 10 done

date に日付食わせて、同じフォーマットで表示して、結果==だったら、ok。
存在しない日付は、

date: invalid date 

とか出るんで、errは捨て。


ダブルクォートで囲わないと、異なる型を比較してるってことで

./date.sh: line 5: [: ==: unary operator expected

こんな感じで怒られるんで、囲ってます。

結果

[ryoff@ryoff00 ~]$ ./date.sh 
20110228 is ok
20110229 is ng